60代女性介護不眠でヘトヘト・介護疲れを解消する睡眠方法・対策をご紹介

今日のご相談は、 義母の介護をほぼ一人で担っている60代女性奈美子さんのご相談です。 昼夜問わずほぼ寝たきりの義母に呼びつけられ、 お世話をする毎日。 夜も眠れるわけもなく、介護疲れで 明るかった性格が暗くなり、 笑顔が減り、心身共に弱ってきたとおっしゃいます。 介護をされている方、みなさんに共通したお悩みではないでしょうか? 奈美子さんには、お義母様の生活リズムを改善

続きを読む

ショートスリーパーを目指した20代男性が不眠になってしまった理由と不眠改善方法

今日は20代で仕事も遊びも精一杯がんばりたい男性からの 相談です。 よく聞くようになったショートスリーパーになれば、 1日の活動時間が増えると考え、 本やネットで調べ、がんばって実行してみたそうです。 その結果、この男性は仕事にも支障が出るほどの 睡眠不足に陥ってしまいました。 彼にはその遺伝子が備わっていなかったと考えられます。 ショートスリーパーのなり方と ショー

続きを読む

睡眠のやさしい基礎知識④睡眠に関係するホルモン・神経伝達物質

睡眠にはいろいろなホルモンが関係しています。 睡眠の状態によっては 大切なホルモン物質や神経伝達物質が 正常に出なくなり、 深い眠りやすっきりした目覚めを妨げるばかりでなく、 健康や老化にも影響があるのです。 覚書に 眠りに関係のあるホルモンをまとめてみました。 正常な眠りを誘う 睡眠ホルモン”メラトニン” 脳内の松果体から分泌され、体内時計を正常に

続きを読む

睡眠のやさしい基礎知識③眠りのスイッチは体温と脳にある

規則正しい生活をし、 毎日就寝時間と起床時間を同じにしていても、 寝つきが悪い、眠りが浅い、時間が少ないと感じているあなたにとって 「すぐ!」「ぐっすり!」 眠れるスイッチを活用しない手はありません。 そのスイッチとは 『体温』 と 『脳』 にあります。 体温と脳と眠りの関係について見ていきましょう。 眠りの体温スイッチ 子供はさっきまで元気に遊ん

続きを読む

睡眠のやさしい基礎知識②良い睡眠には光とメラトニンが不可欠!

生命現象である睡眠がどうやって もたらされているのかお伝えします。 知っておくと、 より良い眠りを手に入れる手助けになること 間違いありません(^^) 睡眠研究では世界最高峰と言われる スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所長 である西野清治医学博士の著書を主に参考に しています。 正しい睡眠情報を知ってくださいね。 体内時計と睡眠 ほとんどの方が普段は全く意識し

続きを読む

睡眠のやさしい基礎知識①レム睡眠とノンレム睡眠とその役割

私達に欠かすことが出来ない眠り。 世界中の睡眠学者によっても 未だその全てのメカニズムは解明されていません。 が、日々研究が行われています。 ここではぐっすり眠り、気持ちよ~く起きるために 生きるために不可欠な睡眠の、 知っておいて欲しい やさしい基礎的なところをお伝えします。 なぜ睡眠が必要なの? あんぱんさんによるイラストACからのイラスト 人は

続きを読む

徹夜でテスト勉強のメリットとデメリット・親子で睡眠を考え成績アップさせる方法

こんにちは! 今日は中学生の息子さんがテスト勉強は いつも徹夜になってしまうというお母様からの ご相談です。 徹夜をしてでても勉強させるべきか、 はたまた身体のことも考えて 睡眠を優先させるべきか。 悩ましいところです^^; 徹夜は良いのか悪いのか、 脳にどういう影響があるのか見ていきましょう。 睡眠はなぜ必要なの? まず睡眠の役割を理解しまし

続きを読む

寝酒が習慣の50代サラリーマンの心身不調の原因と家庭生活も円満にする5つの方法は?

社会的にも責任のある50代サラリーマンのあなた。 ストレスフルな一日が終わり、 いざ寝ようとしても、眠れないとなると お酒が飲める方はついつい寝酒をしてしまいがちです。 百薬の長と呼ばれているお酒は 確かに寝付きが良くなるメリットがあります。 でも、長時間寝ても眠気が取れず、慢性的に心身疲労、 気持ちにも余裕がない、 だるい毎日を過ごしているのではないでしょうか? 余

続きを読む

寝付けないのはなぜ?ストレスで眠れない時のおススメの睡眠方法

寝ようとしてもなかなか寝付けない。 時間ばかりが経って、 早く眠らなければと焦れば焦るほど 頭は冴えてしまう経験は誰にでもありますね。 今日のご相談はそんな悩みを持つ30代女性の サオリさんです。 なぜ寝つきが悪いのか。 どのようにすればすっと眠れるのか をお伝えしていきます。 少しでもお役に立てれば幸いです。 睡眠の大切さ Stoc

続きを読む

忙しい50代主婦の睡眠不足解消方法は?①必要な睡眠時間を知る方法は?

  寝不足だなと自覚はあっても、 ついつい忙しいを理由に 睡眠をおろそかにし続け、 ふと気がつけば、睡眠時間が4~5時間はざら。 そして体調不良や、ケアレスミスが続発! そんなあなたに今日は必要な睡眠時間について お伝えしていきます。   [睡眠の情報は睡眠専門医の本を参考にしています。] 日本人の睡眠状況は? あなたは十分睡眠時間を取れていないと 感じ

続きを読む